やまと国際オペラ協会(YIOA)







Facebook
 やまと国際オペラ協会



   歌劇「ドン・カルロ」 YAMATO版


   <来年の本公演 「ドン・カルロ」 のストーリーと見どころ>


「日が沈まない国」と呼ばれた1560年頃のスペインの勢力は、カトリック教会をバックに絶大な世界勢力となり、異教徒勢力に対しても弾圧を加えていた。 こうした時代背景の中で史実に基づいたストーリーが展開する。


スペイン国王フィリッポU世の息子カルロは、幼いころから許嫁に決まっていたフランスの王女エリザベッタがどのようなお方か、期待を胸にフォンテンブローまで出かける。

フォンテンブローでは、戦争で夫を亡くし乳飲み子を育てながら路頭に迷う、といった生活に苦しんでいる木こり達のところに、エリザベッタが現れ、民衆を元気づける。 この木こり達の合唱は、ドン・カルロ初演(1867)でも、長すぎてカットされた幻の部分だが、隠れた名作のひとつ。

エリザベッタとカルロが出会うと運命の婚約者とわかり、愛が芽生えて盛り上がった直後、使者がやってきて伝えられたのは、エリザベッタが正式に婚約した相手は、スペインの国王の方だった。カルロ、絶望感の中で1幕が閉じる。


この一件が、このオペラの最後まで悲劇の痕を引きずっていくことになり、フランドル地方(今のオランダ辺り)の新教勢力に加担するカルロは、宗教上も国王である父親と対立し、恋人を取られた恨みもあり、父親に敵対する。

しかし、禁断の愛に悩むカルロは、友人であるポーザ卿ロドリーゴに打ち明けるが、「それは我々の中だけのこととしてしまっておいて、今はフランドルでの圧政に苦しむ人々の希望となるのです」と、ロドリーゴはカルロを励ます。この二重唱のテーマは、随所に出てくる「友情」を示す重要で魅力のある旋律となっている。


もうひとつ、忘れてはいけない人物がいる。メンドーサという大貴族の高貴な出のエボリ公女。自分で自慢するほどの美貌の女。 スペイン宮廷の女官の中で中心的存在になっていて、カルロに思いを寄せていた。

しかし、エリザベッタが催した仮面舞踏会で、エリザベッタに言われて衣装を取り換えたままカルロに近づこうとすると、カルロがエリザベッタと間違えてしまい、禁断の愛をエボリに知られてしまう。 怒ったエボリは腹癒せにエリザベッタの大切にしていた宝石箱を盗んで国王に渡してしまう。 そこにはカルロの肖像画が入っていた。 純潔のエリザベッタと国王の間が増々ギクシャクする。


一方、国王フィリッポは、妻のエリザベッタに愛がなく、息子もこのままでは反逆罪として処刑せねばならんのかと、王の苦悩を表現したバスのアリアが切なく感じる。 この状況を回避できないかと大審問官に尋ねる場面では、珍しいバスの重厚な2重唱となり、宗教の権力者に従わざるをえない王。 息子の処刑以外にも、腹心の家臣ロドリーゴをも撃てと言われ、苦悩は増すばかりだった。


これらの重要人物の、心の内面を巧みに表現した、ヴェルディの音楽の最高峰「ドン・カルロ」。 異端者を火刑にし、王を称える壮大なシーンでは、20人にも及ぶバンダが華々しくファンファーレを奏し、民衆の歓喜、修道士達の祈り、フランドルの使節団による陳情、などスケールの大きさを感じさせるクライマックスを彩る。前夜祭の仮面舞踏会の場面では、エリザベッタを称えるベルグリーナのバレエが初演時にはあったが、その後カット版がポピュラーになった。 今回はこの隠れた名曲を復活させて、バレエ楽しんで頂く趣向。 これらの人物像に光を当てて描かれる一大スペクタクル! 結末は如何に? ご期待下さい!